文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. お知らせ>
  3. 二酸化炭素消火設備事故発生に伴う事故防止対策について

お知らせ

二酸化炭素消火設備事故発生に伴う事故防止対策について

二酸化炭素消火設備に伴う事故の発生について
 令和2年12月22日 愛知県名古屋市内のホテル駐車場 作業員1名死亡 負傷者10名
 令和3年1月23日 東京都港区新橋のオフィスビル地下1階駐車場 作業員2名死亡 負傷者1名

事故の原因について
 現在、2事案とも原因を調査中ですが、現時点においては『設備の点検中に人的ミスにより誤放射によるもの』と考えられております。

同様の事故を防止するために
 〇 二酸化炭素消火設備を設置する事業所は以下の事項に留意し、事故防止の徹底をお願いいたします。
  1 日頃から十分な点検整備を行って下さい。
  2 防護区画及び隣接する部分の利用者、利用状況について十分管理すること。また必要に応じ関係者以外の者が出入りできないように、出入口の管理を徹底して下さい。
  3 従業員、利用者等に対して、二酸化炭素の人体に対する危険性、設備の適正な取扱い方法、作動の際の通報、退避方法等について周知徹底して下さい。
  4 火災等により二酸化炭素消火設備が作動し、二酸化炭素が放出された場合には、直ちに消防機関への通報、当該設備の点検業者等に連絡を行うとともに、防護区画及び隣接する部分への立入りを禁止すること。

 〇 二酸化炭素消火設備の点検又は、その付近で工事やメンテナンスを行う場合、以下の事項を留意して下さい。
  1 二酸化炭素消火設備を熟知した消防設備士や消防設備点検資格者を立ち会わせ作業時の安全を確保して下さい。
  2 作業当日の内容、工程について事業所関係者及び点検業者の双方で情報共有を図ること。
  3 作業前に閉止弁を閉鎖し、誤操作等による消火剤の放出を防止する対策を講じていることを必ず確認すること。
  4 閉止弁を閉鎖した際は、警備員を巡回させるなど、火災予防に十分留意し、安全管理を徹底すること。
  5 作業終了後は、閉止弁を開放し、二酸化炭素消火設備が確実に復旧したことを事業所関係者及び点検業者の双方で確認すること。


 二酸化炭素消火設備は非常に消火効果が高くまた、消火による汚染等がないため、非常に優れた消火設備と考えられますが、人体に対する危険性から、非常に高度な安全管理が求められます。
 事業所関係者及び点検業者の双方で、十分な安全管理を行うようお願いいたします。 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは予防課です。

〒315-0001 茨城県石岡市石岡一丁目2番地18

電話番号:0299-27-6125 ファックス番号:0299-22-5895

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市消防本部ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2021年1月25日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る