文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. 生活・安心>
  3. 消防・防災>
  4. 消火器の使い方

生活・安心

消火器の使い方

消火器の使い方

画像:画像:消火器の使い方

3つの動作は次のとおりです

1.安全ピンに指をかけ上に引き抜く
2.ホースをはずして火元に向ける
3.レバーを強く握って噴射する

ポイント

  • 消火器を火災の起きている消火に安全な場所まで運びます。
    ※あまり離れすぎていると,火元へ消火する前に薬剤が尽きてしまいます。概ね7~8m手前を目安とします。
  • レバーが固くて握れない場合は,消火器を置いたままレバーの上から体重をかけて握る方法もあります。
  • 炎や煙に惑わされず火元をねらい,手前からほうきで掃くように薬剤を放射し徐々に近づきます。
  • 自分の身を守り,風上から放射します。室内で放射する場合は,出入り口を背にして逃げ道を確保します。
  • 放射時間は,消火器の種類や薬剤の量により異なりますが,粉末消火器で15秒程度,強化液消火器で30~70秒程度です。
  • 天井に火が燃え移った場合には,消火はあきらめ素早く避難して下さい。

消火器の種類

消火器は薬剤の種類によって,粉末消火器,強化液消火器,泡消火器があり,火災の種類に適した消火器を選ぶ必要があります。消火器に貼ってあるラベルが適応する火災の種類を示しています。

A普通火災 木材,紙,布などが燃える火災用
B油火災 灯油,ガソリンなどが燃える火災用
C電気火災 電気設備などが燃える火災用

天ぷら油火災の消火のポイント

  • 火器による天ぷら油火災の消火の場合,あまり近づきすぎると放射薬剤の勢いで油が飛び散ることもあり,火傷などの危険があります。4~5メートル程度離れたところから放射し,徐々に近づくようにします。
    <注意!!>ハロンのエアゾール式簡易消火具については,天ぷら油火災には有効ではないとされています。
  • 強化液消火器は,天ぷら油火災には特に効果があり,再燃の防止にもなります。
  • 粉末消火器は冷却効果が少ないため再燃する恐れがあります。薬剤をすべて放射しコンロを消した後,蓋などをして空気の遮断を続けます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは警防課です。

〒315-0001 茨城県石岡市石岡一丁目2番地18

電話番号:0299-27-6126 ファックス番号:0299-22-5895

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市消防本部ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2013年9月27日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る