文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ

生活・安心

AEDの使い方

AEDの使い方(アナウンスに従って使用して下さい)

平成16年7月から一般の人でもAEDを使用することができるようになりました。
AEDの操作手順は,すべて機械が音声メッセージを出してガイドしますので,音声メッセージのとおりに行えば一般の人でも簡単に操作ができます。

1.電源を入れる

画像:電源を入れる

2.パッドを貼る

パッドを貼る場所は,パッドに図で表示されているので,それにしたがって患者に貼り付けましょう。貼り付けるときは,皮膚が濡れていないか,貼り薬がないか,医療器具が胸に埋め込まれていないか等を確認しましょう。

3.コネクターを指定された場所に差し込む

機械が心電図を解析し,電気ショックが必要な場合は,自動的に充電します。

画像:コネクターを指定された場所に差し込む01画像:コネクターを指定された場所に差し込む02

4.放電ボタンを押す

充電が完了すると,「放電してください。」等の音声メッセージが流れるので,それにしたがって,放電ボタンを押しましょう。このとき,必ず自分と周りの人も離れ,患者に触れないようにしましょう。

画像:放電ボタンを押す01画像:放電ボタンを押す02

5.胸骨圧迫再開

電気ショックの後は直ちに胸骨圧迫を再開します。AEDの指示に従い,約2分おきに心肺蘇生とAEDの手順を繰り返します。

【ご注意!!】
AEDのパッドは救急隊が到着するまで貼ったままにしておいて下さい。またAEDの電源も切らないで下さい。

大事なこと!!

??もし,AEDが"電気ショックは不要です"と言ったら…「心臓が動いている。回復した?」ではありません。
AEDが「電気ショックは不要です」と指示してきたとき,倒れている人に反応がなかったら,すぐに胸骨圧迫を開始して下さい。

特殊な状況でのAEDの使用

(1)倒れている人の胸が濡れている場合

電気が体の表面の水を伝わり流れてしまうので,AEDの効果が不十分になります。乾いた布,タオルなどで胸を拭いてからAEDのパッドを貼って下さい。

(2)胸に医療器具が埋め込まれている場合

皮膚の下に心臓ペースメーカーや除細動器が埋め込まれていると,胸に硬い「こぶ」のような出っ張りが見られます。パッドを貼る場所にこれがある場合,8cm以上離して貼りつけて下さい。

(3)胸毛が多い場合

胸毛が多いと,パッドが肌に密着せずにAEDの効果が減少したり,やけどの原因となります。できるだけしっかりと密着するように貼り付けます。予備のパッドがあれば,最初のパッドを素早く胸毛ごとはがしてから,新しいパッドを貼り直すという方法もあります。

救命講習会のご案内

いざというときのために,石岡市消防本部では救命講習会を実施しています。
大切な人の命を救う為に是非ご参加ください。

各救命講習会のご案内は,こちらから(新しいウインドウで開きます)

あなたの大切な人のいのちを救う為に~日本医師会 心配蘇生法~


救急車の平均到着時間は,およそ8.5分かかるといわれています。心停止から1分ごとに,救命率は7~10%下がります。
その間に,あなたにできることがあります。
日本医師会では,救急蘇生法の手順についてわかりやすく掲載しております。
印刷して保管できる形式でも掲載されておりますので,是非ご覧ください。 

日本医師会 救急蘇生法 はこちらから(外部リンク)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは警防課です。

〒315-0001 茨城県石岡市石岡一丁目2番地18

電話番号:0299-27-6126 ファックス番号:0299-22-5895

問い合わせフォームはこちら

アンケート

石岡市消防本部ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年4月14日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る